2011年8月31日水曜日

8月31日〜米〜

もうすぐお米の収穫です。

この穂の黄金色は不思議な色ですね。
実りの喜びの色であったり、地元にいるのに郷愁的な色であったり、秋の訪れを感じる色とか、様々な気持ちが入り交じった色に感じます。どちらかというとノスタルジックな感じの方が大きいですかね。
それでも、できあがった新米は、それはもうおいしいです。

もうすぐ刈り取りですので、収穫できたら是非、とりなごで「ごはん」を頼んでみてください。

8月31日〜蕎麦〜

蕎麦の花が咲き始めました。

ぐんぐん育ってます。


2011年8月30日火曜日

いちじくジャム

そば畑になっている無花果でジャムをつくりました。

アイスクリームを注文すると、上にのっかってきます。

8月30日

本日はちょこっとだけ育てているものの紹介です。

まずは万願寺とうがらし。

そして茄子。

さらに胡瓜です。

これらは店の分を賄える程の収穫量はありませんので、時々採れたぶんだけお出ししています。
いつもより少しおいしいな、と感じれば、それはこいつらが出ているのかもしれません。

2011年8月28日日曜日

8月28日

しょうがの葉っぱが少し虫にやられています。

こちらはえびいもです。
たばこと比べると茎の太さがわかります。

最近見なくなりましたけど、たばこと比べるのは、もう古いんですかね?

こちらは少し上から見た畑の様子です。

稲穂も頭を垂れてきて、秋の実りを感じます。
都会に住まわれている方はわかりにくいと思いますが、一番秋の訪れを感じるのは稲の色づきではないでしょうか。

ちなみに二十四節七十二候では、今は処暑・天地始粛(てんちはじめてさむし)。暑さが鎮まり、秋の訪れを感じる季節です。

2011年8月27日土曜日

8月27日

蕎麦の成長がとにかくはやいです。


蕎麦の収穫は、種まきからだいたい2ヶ月半くらいですが、このまま成長すれば、2ヶ月くらいでの収穫もあるかもしれません。

新蕎麦は、なんといっても香り高いのがいいですね。今から待ち遠しいです。

晴耕雨考

最近は雨がよく降ります。
雨が降ると、畑での仕事は当然減ります。
そんな時、農業という仕事の時間軸は人ではなく、自然にあるということを改めて確認します。

ふつうに会社勤めをしていれば、出社時刻があり、休み時間があり、休日も決まっています。
普段の生活でも、スーパーやお店の営業時間はだいたい決まっていて、それが急に変わることはあまりありません。
そうした人が決めた時間のルールの中で生活をしていると、だいたい頭の中で計算しながら一日を過ごしていけます。

しかし、農業はそうはいきません。
夏場は暑いので、太陽が昇りきる前後に仕事をしたり、日照りが続くと水を撒いたり、当然雨が降るとなにもできなくなったり、雑草が生えてきたら抜いたり、常に自然に合わせて動かざるをえません。
それは自分たちの意志でしているようにみえて、実は自然や環境によりそった結果、そうなってしまったのではないかと思います。

自然に間違いはありません。自然はただそこにあるだけです。
何か問題があるとすれば、それは人の側にあるのではないか。と本日そんなことを雨の中、考えておりました。
晴耕雨考です。

2011年8月26日金曜日

8月26日

8月も残りわずかですが、今日も雨です。

降ったりやんだりのぱっとしない天気でしたが、蕎麦は順調に育ってきてます。

福知山は祭りも終わり、夏の終わりを感じはじめます。
特に夕暮れ時は少しセンチメンタルな気持ちになりますね。

でも夏を過ぎれば、実りの秋。
育てた野菜がおいしく実っているか楽しみです。

2011年8月25日木曜日

まんまるポテトフライ

今日は畑で採れたものを使った料理の紹介です。もちろん、とりなごでお出ししています。
本日のおすすめは「まんまるポテトフライ」。見ての通り、まるいポテトフライです。

使用しているのは、じゃがいも。と、山の芋です。
山の芋は長芋とは違い、じゃがいものような形をしています。
とても粘りが強く、栄養に富んだ芋です。

じゃがいもは茹でてつぶしたものを、山の芋はすりおろしたものを混ぜ合わせて、味付けをしました。
じゃがいものほくほく感と、山の芋のもっちりふっくらとした食感が合わさった一品です。

一人前300円(税込み315円)でお出ししていますので、是非、一度ご賞味ください。

2011年8月24日水曜日

8月24日

久々の夏日。暑いです。

たっぷりと光を浴びるさつま芋たち。

この畑にはカエルが多いです。
少し歩けば10匹くらいピョコピョコしはじめます。

蹴飛ばさないように気をつけても、土と同化してわかりません。
生き延びる為の擬態化が逆にアダとなるかわいそうなカエルたちです。

2011年8月23日火曜日

8月23日〜雨〜

今日は雨です。
最近、京都府北部は局地的豪雨に襲われることが多く、少し心配です。

降り出すとすぐ水たまりのように。

こればっかりはどうしようもないので、天に祈るばかりです。アーメン。

2011年8月22日月曜日

とりなごのこと〜看板〜

とりなごの看板はすべて手作りです。
だいたいは浮かし彫りで作っています。



トイレの文字も手作りです。


歪んだ板に手書きの看板もあります。

一番大きな看板はかまぼこ彫りで作られています。

こちらは製作の様子です。
video

他にも店内に様々な看板がありますので、興味があれば見つけてください。

8月22日

メダカちゃんの水桶に花が咲きました。

なんの花か詳しいことはわかりませんが、睡蓮の一種でしょうか?

もともとは水汲み用の桶でしたが、いまではすっかりメダカの住処となって、小さな生態系を築いています。

2011年8月21日日曜日

無花果(いちじく)

そば畑の端にイチジクがなっています。


これは育てているわけではなく、昔からここにあったらしいです。
せっかくなので、収穫したらジャムにしてデザートのアイスクリームにのっけようかと考えています。お楽しみに。

8月21日

最近は雨がいい感じに降るおかげか、蕎麦の育ちがはやいです

えびいもも、ここまで成長しています。
写真はとりなご所属のプロゴルファー、足立由美佳プロです。

2011年8月20日土曜日

8月20日〜稲〜

少しづつ稲穂が大きくなってきました。


こちらはしょうがです。
枯れた葉を切り取っています

2011年8月19日金曜日

8月19日〜蕎麦〜

8月8日に蒔いた蕎麦が、もうこんなに成長しています。


畑小屋

とりなご畑の小屋です。
左の大きな水桶にはメダカがたくさんいます。

8月19日〜茄子〜

少しだけ茄子も育てています。今日は2こだけ収穫です。
とりなごでは茄子チーズにしたりして、お出ししています。

蕎麦のこと

とりなごの蕎麦は毎日変わります。

自分たちで育てた100%夜久野産のそば粉を使うときもあれば、北海道産のそば粉を使ったり、ブレンドしたり、更科粉で打ってみたり、二八だったり、七三だったり、十割だったりします。時には茶そばや、ひじきそばなどの変り蕎麦を打つ時もあります。

毎日おなじものを質を高めて打つことも重要ですが、より自由な発想で、何がおいしいのかを常に模索することも重要であると考えています。

そんなとりなごの蕎麦は、通常のざる蕎麦、鴨すきの〆に入れる和そば、鬼おろしのぶっかけそば、鴨そばなどで堪能できます。

ご来店の際には是非味わってください。

8月8日〜そば種蒔き〜

今年は例年よりはやく、盆前の種蒔きとなりました。

まずは石拾いなどをして、整地をします。

あとは畝をつくって、種蒔きです。

種が偏らないように万遍なく蒔いていきます。

みんなでかかればあっという間です。おつかれさまー。

2011年8月18日木曜日

7月〜成長〜

4月21日に植えたしょうがとえびいもです。どんどん成長していってます。
写真はしょうがです。

こちらはえびいも。もう腰の高さくらいまで成長しています。

収穫はまだ先ですが、成長を見るのもまた楽しいです。

6月29日〜じゃがいも収穫〜

にんにくに続きじゃがいもも大豊作でした。

じゃがいもを掘り起こしていきます。じゃがいもを傷つけないように、慎重かつ大胆に。

収穫したじゃがいもです。
ポテトサラダ、鶏の肉じゃが、鶏コロッケ、まるいポテトフライ、じゃがバター、じゃがチーズ、など様々な料理に使われます。
じゃがいも料理は日によって変わるので、本日のおすすめを楽しみにしていてください。

最後はみんなで記念撮影。
何か若者達の更生施設のような雰囲気ですが、みんなれっきとしたとりなごの社員です。

この日も暑かったです。おつかれさまー。